活動内容
 
ガラスびんフォーラム前会長
柏洋硝子(株) 代表取締役社長
七島 徹
   1967年以来、私たち「ガラスびんフォーラム」は前身の「全国自動壜工業会」からかぞえて40年以上に渡り、一貫してガラスびんを製造する中小企業の団体として、大手企業とは一線を画する活動を続けてまいりました。
   さて、2011年3月11日、東日本を襲った未曽有の大震災は直接的な被害のみならず、その後の電力不足などを伴い日本全土に大きな打撃を与えました。この年は大震災発生の年として、長く人々の記憶に留められることは明白ですが、その一方で日本人の意識が大きく変化するきっかけになった年として、内外の人々の心に刻まれることになるものと確信しています。
   日本は今急速に進むパラダイムシフトの中で、否応なく「大量消費型社会」から「循環型社会」へと大きく舵を切らざるを得ず、それは「エネルギー」から「食」に到るまで、あるとあらゆる分野に及ぶことは必至です。そしてその全てにおいてベースとなるものが、「安全」「安心」「地球環境に優しい」という、三つのキーワードだと考えています。これは正にガラスびんが有する特質そのものであると言えるでしょう。
   ガラスびんの「安全性」と「安心感」は、4000年の歴史が証明した確固たるものです。また原料の70%以上は使用済みガラスびんを砕いて精製されたカレット(屑硝子)が占め、回収され何度も繰り返し使用することのできるリターナブルびんは、環境への負荷を抑えるリサイクリングの優等生として高く評価されています。
   このようにガラスびんは日常生活に欠かすことのできない身近な存在でありつつ、次代が求める先進的な機能と役割を併せ持つ、古くてしかも新しい容器なのです。
   私たちガラスびんフォーラムは、これまでも、そしてこれからも、ガラスびんを通じて安全と安心に裏付けされた地球環境に優しい社会の構築に向け、社会的使命を果たしてまいります。
○ 生産/出荷/在庫(重量)
○ 生産/出荷/在庫(本数)
 
ガラスびんフォーラム 〒169-0073 東京都新宿区百人町3-21-16
日本ガラス工業センター3F
TEL 03(5937)5861
FAX 03(5389)7010
Copyright(C)2004-2014 Glass bottle forum Japan all right reserved.